交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車と歩行者の事故 賠償額

しばらく前にかなり強烈な印象の判決が出たとニュースでやっていたのを思い出しました。

小学生が高齢の女性を自転車ではねてしまった事故の判決です。

昨今自転車のマナーの悪さなどがしきりに言われておりますが、ついに決定的な判断が下されたのです。

さてどんな判決内容だったのでしょうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




この件はいろいろなメディアで報道されていましたのでざっくり書きますが、事故は2008年のことで坂道を自転車で降りてきた当時小学生の児童が67歳の歩行者の女性と衝突、女性はこの事故の影響で植物状態になってしまった。女性は散歩中この事故にあい頭を打って意識不明の重体となってしまった。

女性の家族と傷害保険金を支払った保険会社は児童の母親を相手取り1億6000万円を支払うよう訴えた。
神戸地方裁判所はこの件について児童の母親に約9500万円を支払うように命じた。
その内訳は女性の家族へ3500万円、保険会社に6000万円。

裁判では児童はヘルメットを着用せず主な事故原因は児童の前方不注意だと指摘、また母親は児童に対して自転車の運転に際し充分な指導をしていなかったとしている。

本件について児童の母親は控訴をしていると言う。

この裁判の最終結果がどうなるか関心があるわけですが、いずれにしてもかなりの高額になることは間違いないですね。
さらには昔であれば事理弁識能力が不十分だとされる12歳以下の児童にこれだけの賠償額を求められる事が現実になるのは、自転車事故に対する危険性や重大さが世間に認識されてきた(遅すぎす感もあるが)のではないだろうか。

子供さんがいるご家庭では他人事ではない。
いつ自分の子供が加害者になるか、また自転車でも歩行者でも被害者にもなることもある。
すくなくとも加害者になってしまうことを想定して(したくはないが)賠償責任保険には最低限加入しておくべきであろう。

賠償責任保険は単体で売っている会社が最近少なく、自動車保険や火災保険、傷害保険に特約として付保するケースが多い。
自動車保険なら無制限にできることもあるのでこれが一番おすすめ。
火災保険や傷害保険でも1億円から3億円ほど加入できることもあるので万が一のためにも備えておくべきだろう。
関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。