交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全損時の諸費用

事故にあって自分の車両が全損ですと言われた場合、たいがい難しい交渉になってくるという話は何度かしていますよね。

先日そのような事故にあった知人にアドバイスしている事例がありまして、その知人によると一つの進展がみられたという報告がありました。

さてそれはどんなは報告だったのでしょうか。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




車両の時価額に関しては現在もまだ交渉を続けているとのことですが、全損になってしまった際に代替車両の購入にかかる費用の一部、いやかなりの部分について損害として認定してもらったという報告でした。

確かに判例でもそういった費用を認めるものも多くあり、全損車両はもはやただの鉄くずではないと言う証明になりますね。
古い車と言えどもそれなりの価値があるし、同等の車両を購入するには車体以外にもいろいろな諸費用がかかってきます。それを全く認めないと言うのはちょっと疑問ですよね。

私がアドバイスしたのは、全損だと言う保険会社のいい分に対し「文書で質問」し「文書で回答を求める」ことでした。またその質問を送る際にかならずこちらが主張したいことについての根拠となる事例、判例などを入れること。まあ他にもいろいろありますがただ電話で話してもなにも進みませんので文書を使うことをお勧めします。

あと交渉事ですので、キツイ言葉や脅し言葉、乱暴な言葉は使ってはいけません。「弁護士入れます」となり終了のお知らせになりますので(苦笑)

諸費用が認められた知人はモチベーションアップ!
車体の時価額の交渉も頑張っていくと言っておりました。

私ができることは協力していきたいと思っています。

関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。