交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車への罰則強化

先だってなんとなくニュースを見ていたら「自転車への罰則を強化!?」とありました。

もともと2011年ころに罰則の強化が行われたが、それにもかかわらず事故や違反行為が減らないこともあり2013年にふたたび自転車に関係する法規が改正されたとのことです。

このブログでも何回か自転車のマナーの悪さを指摘してきましたが、やはり私の身近だけではなく全国的な問題だったのです。

さて、どんな部分が厳しくなったのでしょうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




2011年には「違反は前科、前歴になる」ことが定められました。
いままでは警告程度で済まされることが多く反省の色が全くない自転車運転者は違反行為を繰り返しました。
その結果、2011年の7月に道路交通法が改正され違反者が刑事処分に処されることもあると厳罰化されたと言います。

しかしながらこの改正はあまり世間に浸透しておらず、「知らなかった」と言う人が多かったとも言います。
各地域の警察署では違反すれば前科、前歴がつくので責任ある運転を心掛けて欲しいと自転車運転者に呼びかけを行ってきたわけです。

しかしながらその努力(どこまで周知徹底できたかわかりませんが)もむなしく、自転車による交通違反、また交通事故は増えるばかり。ついにもっと厳しく取り締まるようになっていく訳です。

~~~

日経新聞2月14日からの転載

警察庁が14日まとめた道路交通法改正試案には、悪質な違反を繰り返す自転車の利用者に対し警察による講習の受講を義務付ける制度の新設も盛り込まれた。未受講者には罰金刑などを科すことも検討する。

 試案は、「交通に危険を及ぼす一定の行為を反復して行った運転者」に公安委員会が講習の受講を命じることができるとした。対象の違反行為は信号無視や酒酔い、遮断機が下りた踏切への進入などを想定している。

 警察庁によると、自転車が関係する交通事故は全体の約2割。交通事故全体の件数が減少傾向にあるなか、自転車が関係する事故の割合は増加傾向にある。悪質な自転車への対策を強化することで、事故減少につなげたい考えだ。

 「ピスト自転車」などブレーキのない自転車について、警察官が停止させ、整備を命じることができるとする規定も新設する。ブレーキの改善を命じても従わない場合の罰則を設ける方針だ。

~~~

上記の通り講習を義務付けたり従わなければ罰金も科すということです。
正直街中で運転していればマナーが著しく悪い自転車を必ずと言っていいほど見かけます。
それも若い人ばかりではありません。年配者もかなり多いのです。
「自分は自転車だ!俺が通って何が悪い!」とでも言いたげに自分勝手な走行をする自転車が後を絶ちません。
上の記事にあることでもまだ処分が甘いかなと言う気さえしますが皆様はいかが感じられるでしょうか。

自転車のマナーを向上させるために簡易免許制でも取り入れたらどうですかね?
自動車みたいに講習を受けないと免許が取れないと言うのではなく、自転車を乗る人は乗りますと言う届を出してカードを発行してもらう。違反や事故時にはそれを提示しなければならないなんて風にしたらどうかなと。
違反や事故が多ければ当然点数制にして処分する、また罰金も科す。あまりに違反が多い人にはカードを発行しない。不携帯や免許なしでヤミで乗ったのを見つけたら罰金を10倍科すなど。


ハイ、妄想です。
実務的に無理が多すぎますね。。。
でも免許制にはしないとしても違反行為には厳罰を処するようにしなければ自転車の違反、事故は減ることは無いでしょう。

どのように警察や公安委員会、自治体がタッグを組んで自転車の交通事故を減らすのか。
これからもチェックしていきたいと思います。


関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。