交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

門柱の破損事故

けっこうよく聞いた事故でもあります「門柱の破損事故」。

トラックなどが配送の時に大抵バックして納品するじゃないですか。
その時にけっこうその納品先の門柱にぶつけてしまったりするんですよね。

ぶつけた原因ははっきり言って後方不注意ですから申し開きができない事故であります。

何か問題があるのでしょうか?
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




実は問題はあるのですがどうにもならないのですね。

門柱はすべてとは言いませんが、けっこう何度もぶつけられていることが多いです。
またそのそばの塀もそうですよね。
ぶつけてしまったけど「大したことが無いから勘弁してあげるよ」と言われたり、その会社などの従業員がぶつければ、よっぽどでない限り直さないことも多いのではないでしょうか。

もう「ヨレヨレ」になっている門柱や塀に最後にぶつけてしまって仕上げてしまったとしたら・・・
やりきれないですよね。

新しいものにしっかり作り変えて差し上げたときのやるせなさ。

言葉では言いようがありません。

仕方ないんですけれどね、ぶつけちゃったのですから。。。

関係先の運送業者さんから相談を受けた時に、こういった門柱や構内の柱、塀などの事故は思った以上に多いです。
全国的な統計はわかりませんが、運送業者の事故対策はこういった「小さな原因大きな損」を減らすことが重点要素だと思います。
もちろん単なる追突事故や逆突事故も含めて検証するべきですよね。

大きな事故はうっかりした小さな事故が重なった時こそ要注意です!

関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。