交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多重追突の交通事故 

福島で霧の中、多重追突事故が起こりました。
視界が殆ど取れない中で、どのようなことが原因となったのか。
ハッキリしたところは何とも言えません。

そんな見えない状況下で事故を防ぐ手段は全くなかったのでしょうか?

いろいろなケースを考えながら書いていきたいと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




霧の中では事故につながるケースが多いのは誰もが感じるところだと思います。

今回の事故がどのような形で霧が発生し、大きな事態になったのか全て詳しく検証できていないので多くは言えません。
ただいくつか考えられる部分で書いてみようと思います。

*霧に発生したタイミングはどうだったのか。
事故現場を通行止めにすることやう回路を設定することはできなかったのか。
前日が寒く当日が温かければ霧が発生しやすい状況にあったなど予見ができなかったのか。

*交通量はどうだったのか。
事故時の交通量を把握できていたのか。
上にもリンクするが交通量の調整は不可能だったのか。

急に霧が発生するケースがほとんどで、誰に責任があるとか無いとかを議論するつもりはありません。
でもそう言った場所は過去にも霧が発生しているケースが多いはず・・・
気象条件をもとに予見することはある程度可能だったのではないかなと考えます。


また、こういった多くの車両が絡む事故においては、誰がどうぶつかったとか過失があるとかないとかを証明することが非常に困難であり、自分が一方的にぶつけられたとしても果たしてどこにだれに請求するべきか判断できないケースも多いです。
直後の車の運転者に請求しようともその人も後ろからぶつけられたとしたら、またその後ろもそうだとしたら・・・キリがありません。

2,3台の事故でもかなりもめますし、実際の状況と警察の判断した状況でも食い違うこともあります。
私が事故係を昔やっていたある会社の事故では、自分の前方で追突事故が発生し直後にいたため止められずよけられず最後にぶつかったところ「あなたが最初にぶつけた玉突き事故」と警察に言われ延々と取り調べを受けた社員がいました。
彼は「絶対に違う!」と調書に署名を拒否。かなりの時間粘った結果帰ることができましたが、事故証明書の第一当事者はその彼になっていました。
私は当時関係車両の写真を入手して彼とともに警察署に行き抗議。事故証明書の訂正を求めましたが却下されました。
理由は「警察側の経験則に基づけば、今回の事故はその方の追突が原因」と言うものでした。
もちろんぶつかった瞬間警察が見ていたわけではありません。あくまで経験則だと言うことですので「ではこの判断はあくまで”だろう”ということですよね?」と聞くと「そういうことになります」との返事。
「わかりました」と私と彼は警察署を後にしました。
結果、事故証明書は覆りませんでしたが人身事故としての処分は課されないままでした。

結構いい加減なものです(怒)

少ない台数の事故でもいろいろな判断があり見解も違います。
今回の福島の事故でどういう判断、処理になるのか注目していきたいと思います。

関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。