交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車と自動車の事故再び 

このブログでも何度か取り上げてきましたが、今年は自転車と自動車の事故が非常に多い気がします。
先日もそんな交通事故の相談を受けたばかりです。

今回取り上げるのは、自転車に著しい違反行為があった場合の実例です。

さてどんな交通事故だったのでしょうか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




軽トラックを運転中のAさんは東京近郊のとある町で大きな交差点で右折しようと信号を待っているところでした。

信号機の表示は赤の点灯で直進の矢印が出ており、右折車は右折の矢印が出るまで待機しているところです。
交差点の動きが信号機の表示の変更に伴い変わります。
直進の矢印が消えて一瞬全体が赤の表示になります。直後(数秒もたたない)すぐに右折の矢印が表示されAさんはゆっくりと右折を始めました。

対向車はすべて停止しており、対向車線の右折車は無かったので安全を確認したと「確信」していました。

しかし事故は起きてしまいました。

対向車線の直進車が2車線停止している(こちらから見て)右側、つまり対抗反対車線の路肩あたりからいきなりスポーツ仕様のサイクリング車が飛び出してきたのです。
すでに直進車は赤になっているためすべて停止しており、また自転車も車両扱いですから赤で進行すると言うことは信号無視になります。
でも自転車はノーブレーキで右折中のAさんの自動車左後部タイヤ付近にぶつかってきました。
右折を開始した時はまだ自転車を発見できませんでしたし、右折を開始して車の頭が右に振れていたので飛び出してきた自転車を発見することも視野から言って難しい状況でした。
スピードを出して右折していればぶつからなかったかもしれませんが、安全運行を自負しているAさんは交差点内はゆっくり目に運転することを日常としています。それが言ってしまえばあだになってしまったかもしれません。

自転車は転倒し乗っていた方は地面にたたきつけられてしまいました。しかし不幸中の幸いであまり大きな怪我をすることなくすんだそうです。


のちに調書を取ってAさんは帰宅。私に電話してきました。

*こういう事故は自分が自動車なので自分の方が悪くなってしまうのでしょうか?
*救急車が出動したので人身扱いの事故になっているようです。自分への処分はどうなるのでしょうか?

自転車はいわゆる弱者扱いなのですが、さすがに信号無視ですので自動車側が一方的に悪くなってしまうと言うことは無いと思います。その時のケースバイケースですが8割くらいは自転車側が過失を追うことになるのではないかと思います。細かい状況などによっては自転車が10割になるかもしれませんし、自動車側に別途過失が追加されることもあるかもしれません。ただ自転車の方も大人ですので、子供をはねてしまった時とは状況は違うと思います。
救急車が出動すれば大概は人身扱いの交通事故として処理されます。(例外もあります)
調書を取った際にもそういうところで内容を確認し署名と拇印を押すことになります。もちろん調書の内容に不備があればサインも拇印の捺印もしないで拒否もできるはずです。それは置いておいて今回の件は、自転車の信号無視とこちらの右折時の事故であるという点で一致したので調書を作成して帰宅したとのことでした。

行政処分に関しては何とも言えません。

警察側が書類を作成して、その先(検察庁など)で処分があれば呼び出されたりすることになります。
しかし今回の件では自転車の方は軽傷事故で済んだそうですのでどうやら免許停止まではならないようだとのことでした。また状況から罰金も無さそうではありますが、場合によっては免許証の点数が数点引かれてしまうと言うことは警察側からちょっとだけ臭わされたそうです。

相手方の信号無視が主たる原因なのでこれで点数を引かれてしまったらちょっと酷な気もしますが、どうなったかは現在まだ決定していないようです。
少しの点数に対して、異議申し立てをする方法は無いのでしょうか?
実際に検察庁へ呼ばれるような重大な事故でない限りはそのような期間は無いと思われます。唯一安全運転協会に行ってみたらどうか?という意見もありましたが、安全運転協会は実質警察と=か並立する機関です。覆すのは難しいでしょうね。免許停止にならないくらいの減点ですと、手元に通知が来た時点ではそれが決定通知なのでもう何を言っても変わらないと考えられます。納得したくないですけれどね。


まだこの交通事故は係争中で見解決です。
当然ぶつかったことにより自転車も破損し自動車も修理が必要ですので、物損事故の観点からもまだ解決しなければいけないことが多いです。
事情が許せばまたここでその後をご紹介していきたいと思います。

関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。