FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の日の注意事項

お久しぶりです。

日本全国あっという間に寒波に覆われてしまい、このところ寒い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今日はテレビを見れば雪のニュースばかりなので、雪の日の注意事項について私の思う部分を書かせていただこうかなと思っております。

雪の日はもちろん交通事故にも注意が必要ですが、それ以外にも危険はいっぱいなんです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




どうしても仕事柄「雪」と言う文字を見ると「キレイ」「ロマンティック」なんて言う言葉は浮かばず、「交通事故」「危険」「怪我」などのキーワードばかりが浮かんでくるつまらない男です、すみません。。。

実際過去にかかわった交通事故では、振り始めよりもしばらくしてからの方が怖かったのを覚えています。

雪がしばらく降ってその後道路に轍(わだち)ができてしまい、そこで滑った車が民家に飛び込んでしまった事故や、ガードレールに激突して谷底へ転落してしまった事故もありました。

だから私の脳内では雪→交通事故と言う図式になってしまうことをお許しください。


もうひとつ考えなければいけないことがあります。

昨年ニュースを見ていたら、雪のため道路が寸断されて渋滞が30キロというものが放送されていました。
雪が降っているので当然ものすごく寒いですから、車内は暖房をつけて過ごすことになります。
車は、アイドリングなまま待機ですよね。

じつはここに落とし穴があるんです。

雪はそのまま振り続けているわけですので、車が渋滞して動けない以上車の周りにも雪が積もってきます。
また豪雪地帯であるほど短時間に多くの雪が降って車をも埋め尽くしてしまうことにもなりかねません。

どういうことかと言いますと、車にはガソリンが入っていてそれを燃やして進むわけですよね。
そしてその燃えかすとして排気ガスを出しているんですが、この排気ガスが雪のせいで車外に排出されにくくなり場合によっては車内に入ってきてしまうと言うことが非常に危険なんです!

どういう経路でそうなるのかは私は専門家でないので言及しませんが、実際に一酸化炭素中毒になってしまった方も多くいたと聞きました。
またよくあるのがスキー場に深夜到着して車内で待っているパターンも危険です。

昨日あたりテレビでは、家の前の車の中でエンジンをかけて過ごした人が一酸化炭素中毒でお亡くなりになったという報道もありました。

雪の中でのアイドリング。

交通事故以上に恐ろしいと言うことをお忘れなきよう。。。


関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。