FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の日の運転 

関東地方でもかなりの雪が降りましたね。
いまや日本全国どこでも雪が降っている現状です。
2010年の猛暑の時は「暖冬なのでは?」とも言われておりましたが、実際に2011年になってから寒くてたまりません(苦笑)

さて、雪の日の運転に関して注意するべき点、事故を防止するためのことなど簡単に書いてみようかと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




ほんの数日前に関東近県でも雪が降った後、私の知人の商店主がぼやいていました。

「うちの若い衆はどうしようもない…あれほど注意しろといっているのに(怒)」
「どうしたの?」
「この前夜ちょっと雪が降ってて、明け方配達があるから2人行かせたんだけど、裏道を抜ける時に道路の表面が凍っててうわっ滑りしたらしいんだよね。その時にブレーキ小刻みに踏むとかハンドル無理に切らないとかいろいろあるじゃない。なのにあいつらときたら何したと思う?アクセル踏んだんだよ!アクセル!加速してどうしたいって言うんだよまったく!!」

どうやら凍った路面にもかかわらず止まる努力よりも抜けたい一心だったのかもしれません。
普通は危険を感じたら被害が大きくならないように努めるはずですが…そうしなかったことによってこの車は正面から電柱に突っ込んでしまったそうです。


雪に弱い都心部などでは、ちょっと積雪するとどうにもならない車がよくある気がします。
それに運転技術も…免許証をもっているだけ程度の方が多いのも事実ではありますが、間違った認識が多いのは言うまでもないでしょう。

なんて偉そうなことを言っている私ですが、雪道では苦い経験もしております。
また友人でも嫌な思い出がある人もいます。

私のケースでは、いわゆるFR車でリアタイヤにチェーンを巻いてスキーに行った時の話です。
山道で調子に乗ってスピードを出してしまいスピンしてしまいました。
それに懲りずにまた驀進していると、今度はタイヤがロックしてしまいテールを滑らせ一軒しかない民家に突っ込んでしまいそうなピンチ!
どうにか減速することに努めてまたハンドル操作を試行錯誤し切り抜けました。
2度の失敗でそれ以後は慎重をきっして運転していったので何とか事故にならなくて済みましたが、本当のバカでしたね(苦笑)
雪道では恰好をつけてもなんの意味もありません。
レーサーではないんですからスリルを求めて運転してもなにもいいことはありません。

また、私の友人はスキーに行くときに、轍に沿って走れば問題ないと思ってちょっとスピードを出しすぎたため、轍から外れてしまい左に吹っ飛んで、それこそ一軒しかない民家のブロック塀に突っ込んでしまいました。
夜中の3時過ぎです。
読んでも誰も出てこないその家。
警察に行ってからも連絡しても返事がなく、大破した車を置いて東京に帰ったところ、着いたころに「なんで現場を放り出して帰ったんだ?」と怒られたそうです。
結局私がこんな仕事の人間なので、一緒に福島まで謝りに行ったことがありました。
散々絞られましたね。。。

まとまりませんが、雪道ではまず無謀な速度は控えること、それと急ハンドル、急ブレーキは極力避けること、ポンピングやエンジンブレーキなど地道に使って減速することです。
雪国に住んでいないからこそ常識的な対応を大事にするべきと経験上言えます(笑)

特効薬なんてありません。
自分を律して安全運転を心がけることですね。

油断と言う悪魔が忍び寄る前に…



まだまだ寒い日が続きます。

また雪が降った時、決してご無理なさらないように。

関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。