FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車と自動車の事故

今朝がたのニュースを見ていたら、自転車と自動車の事故の話がやっていました。

どうやら通行区分の問題もあったりなどでいろいろ検証や見直しが必要だと言う話。
一番多いパターンの事故例などの事もやっていましたね。

自転車と自動車の事故についてもう一度考えていきましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




そのニュースで取り上げていたのがまず交差点における自転車と自動車の事故でもっとも多いパターンについての実例です。

自動車は青信号で左折
自転車は歩道を走ってきて交差点に差し掛かり、横断歩道を直進

その双方が横断歩道上でぶつかってしまったものが最多だそうです。

ここで考えるべき要素の一つに自転車の通行経路があります。
この事故の実例で一番多いのは、自転車が歩道を走ってきている事。
歩道にはガードレールや樹木、生垣などがあって自動車が左折する際に視界を妨げている事も多く見かけます。
自転車側からみると普通に歩道から横断歩道を渡るだけなのですが、自動車側からみると左折時に急に自転車が飛び出してきたようにも見えます。
だからといって自動車側の過失が小さくなることではありません。
注意義務は相応にありますから。

しかしながら本来自転車は軽車両扱いですから車道を走るのが本来です。
ただ日本の交通事情では、とくに都心部で車道を走るのはかなり危険ですよね。
そのため特例で歩道に自転車のレーンを作ったりしています。
でも実際は自転車レーンがない歩道でも普通に自転車が通行しているのが実情です。

自動車側は車道に自転車がいると違和感を覚えます。
また自転車側もひっきりなしに自動車が来ると危険な感じを覚えます。
だから歩道に入る、そうなってしまうんですね。

また歩道の切れ目から急に車道に出てきた自転車が自動車とぶつかる事故も結構あります。
いずれにしても通行区分をしっかり見なおさない限りこの手の交通事故は減らないでしょうね。

双方のマナー向上がもちろん条件ではありますが。

自転車の事故は歩行者との事故もかなり多いのは以前書きました。
したがって自転車の居場所が今大変難しくなってきています。

早急に自転車、自動車、歩行者のすみ分けが必要ですね。

関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。