交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故 自動車と自転車、歩行者の目線の違い

普段から自動車を運転している人と、普段は自転車を利用しているか歩行者として出かける人とでは、その目線と言うか「交通上における認識」に差異があるのかなと最近感じます。

普段の言動や道路上のことで少し比較してみたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




自動車で出かける場合、当然のことですが自動車が通行できる道路を運行しないとどこにも行けません。
しかしながら、普段運転しない方は歩行者や自転車が通れる場所なら自動車でも入って行けると錯覚していらっしゃる方もいます。

「そこ、行けるんじゃない?」

助手席で軽く言う方もいますけど(苦笑)車の幅はそんな場所は通れませんよ。。。

初めに言っておきますが、自動車を運転しない人を糾弾しているわけではありません。
時に身近なところで見かけたり感じたりすることをちょっと書くだけですのであしからず。


「そこ曲がれるんじゃないの?」
「今ならバックできるわよ」
「これって遠回りなんじゃないの?」

色々な言葉がありますが、ハンドルを握っている方としては自分たち以外にも他の車や歩行者、自転車などが通行している中で横からあれこれ言われるのはちょっと困りますね。
運転者の技量とかタイミング、慎重か大胆かとか、性格もあるしね。
私の場合は免許を持っていない人、運転をしない人にナビを頼まないようにしています。
なぜなら判断の基準に必ず差異があるからです。
もちろん運転する人でも差異はありますが、その差は小さいと思います。


歩道からいきなり右の車道に出てきた自転車と通行中の自動車が接触してしまう事故がよくあります。
歩道もずっと自転車で通行できる場所もあるし、途中で狭くなっていたりまた対向から歩行者が来て自転車が通行できずやむを得ず車道に出てしまったなんてケースもあります。

また歩行者が交差点を渡りたい時に、右は見たけど左は見ていなかったなんてこともよくある話です。
あと交差点の真ん中を渡る人。
後ろから自動車が来ていることには全く気が付いていなかったりして。

もちろん自動車を運転する人にも問題は多いです。
ちょっとと言うことで路上駐車をして、他の車両や自転車の通行を妨げるような場所、交差点の直近とかに平気で止めている人もいますよね。
そういうのが事故につながっていることはあまり考えていないようです。

例をあげたらきりがないですが、マナーも含めて自動車の立場や自転車歩行者の立場などを鑑みていくことが大切なのではと思います。

これからは高齢化社会がますます進んで交通事情も悪くなっていくことが考えられます。
高齢者に対して寛容であることが望ましいと思いますが、高齢者にもマナーのとてもいい方、すごく悪い方など様々です。まあ年齢だけで線引きはできませんが…。

悠々と急ぐ、気持ちを楽にした運行をどちらの立場でも心がけたいものですね。

関連記事

| その他 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。