FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故と示談の相手

交通事故を起こした時、必ず相手がいますよね。
いろんな事故の形態がありますが、相手方の対応や態度も様々です。

そんな相手方について少し書いてみようかと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




つい先日の事でしたが、とある事故で車と自転車が横断歩道上でぶつかった事故が2件ありました。
どちらも歩行者信号が青の状態でしたので、多少のいい分があるにせよ車側の過失がほとんどになってしまうのは致し方ないところですね。

片方は頭部に怪我をされて通院することになり、もう一方の事故は怪我はなしとのこと。
幸い両方とも入院するような事態にならなかったのはよかったですね。

この2件にまず共通するところ。
それは「自転車の処遇」についてです。
どちらも自転車を自転車屋さんに持っていったのはいいのですが、さっさと処分を依頼してしまったこと。これはあまり好ましくはありませんね。
いくら自転車だからと言って、破損したものを確認できない状態にしてしまうのは軽率な判断だと思います。
どのくらい乗ったのかまた自転車そのものの状態はどうなのか分からないのに、修理できるのか、全損なのか判断のしようがありません。
怪我をした方は病院に行ったり混乱したりしていたので仕方がないかもしれないなと思いましたが、怪我をしていない方に関してはちょっと意図的なものも感じました。
この人は後日、急な日程で示談を急ぎ加害者に電話をかけまくったりして正直嫌がらせとも思える行動に出たりしていました。
謝罪の電話を加害者が書けると「金が何時までにはいらなければ訴えてやる」とか息巻いていましたが。
訴えるならそれでも構いませんよ、その方が話が楽ですから(笑)と言ってやりたい気分でしたが私がそんなこと言っちゃうとまたややこしくなるので言いませんでしたけど。

結局自転車の値段も根拠が難しく、それぞれに何年頃の購入か、そういうモデルか、買ったお店はどこかとかを聞き出してある程度の新品価格を判断し、そこから乗った期間による減価償却分を控除して損害額を提示するという流れになりますね。保険会社のやり方と同じです。

大体自転車の場合は、古くても壊されれば新しいものを買ってもらえる、悪い方が弁償するのが当たり前と思っている方がかなり多くて困りますね。
自動車だった古い車が新車になんかなるわけ無いのに。
世間一般の常識から外れた人は、事故の起きた時ほど正体をあらわすものです。


事故発生時には、最低限やるべき義務を遂行したあとは保険会社なり、事故係なりに下駄を預けて自分は必要な判断、証言をするにとどまる方が賢明でしょう。


この手の話は機会があったらまたしたいと思います。
関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。