交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故と雪

雪が降ると交通事故が起きやすいのは皆様感じているでしょう。
実際私も色々な事故の事例に立ち会ってきましたが、雪の日は思わぬ形の事故が多いです。

ちょっとの降雪でも油断は禁物です!

では過去の事例を振りかえってみましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




よく見かけるのは止まりきれないことによる追突事故です。

普段日常の中でも、居眠りやわき見によって追突事故は起きていますが、雪の日は気が付いていてもタイヤがロックしてしまったりして止まれない、ブレーキの性能やABSを過信して止まれなくて追突してしまうケースが多いと思います。

一つの例は単独事故。
右カーブの道で信号が青であったのでそのまま進行した時、雪の影響で路面が凍結していて右に曲がり切れずそのまま直進してしまい、橋脚にぶつかってしまったものです。
幸いドライバーには怪我はありませんでしたがあわや大惨事になってもおかしくありませんでしたね。
道路自体もやや左に傾斜している場所のため右折時に遠心力の影響も受けやすい現場でありました。
雪の日の交差点では速度と車間距離に対する注意を普段の数倍必要とします。
慢心して運転しては危険ですね。


もう一つの事例は雪の日の追突事故です。

自分が走行中に少し前のほうでどうやら追突事故が起こっていたようで、確認できたときにブレーキをかけたが雪の影響で制動がままならずその現場に追突してしまったというものです。
幸い追突した相手車両のドライバーは降車していたため、人身事故にはなりませんでしたが車の後部をかなり破損させてしまいました。

その後保険会社を立てて協議したのですが、こちらがぶつけてしまった車両はその車自身が起こした事故によってすでに全損になってしまったと認定されていて、さらにそこにこちらの車両が追突したけれどもその前に全損であれば賠償する義務はないという結果になりました。
きわめてまれなケースですが、事故が同時ではなく別々に起こった時に発生するケースですね。
助かった結果にはなりましたが、その前に雪の日は速度を控えめに、また視界も悪いことが多いし雪がやんでも路面は滑りやすい状態にありますから充分すぎる注意が必要なのは言うまでもありません。


他にもトラックが雪の日にカーブで横倒しになってしまい民家に飛び込んでしまったケースやタクシーが電柱に正面衝突してしまったケースなど事例を挙げればきりがないくらい思い出します。

都心部は道路も電車も含め交通網は天気に大きく左右されますし脆弱です。
ハンドルを握るドライバー自身の自覚が事故を未然に防ぐことにつながります。


今一度初心に帰った運転を心掛けたいものですね。
関連記事

| 交通事故 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。