FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故と運転者年齢条件

私は営業用の自動車に関する交通事故をたくさん見てきたのですが、もちろん自家用車の交通事故にもたくさん関わってきました。

単純に自家用車の交通事故といっても多種多様です。

ここでは任意保険における運転者年齢条件にまつわる実例を話したいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




通常自家用車のカテゴリーに属している自家用普通・小型乗用車、軽四輪乗用車などいわゆる3ナンバー、5ナンバー車は運転者年齢条件を設定して任意保険に加入している場合がほとんどです。

ご存知の通り現行の保険制度では若年齢の人は運転技術が未熟であるという判断で保険料が高くなっていますよね。
これもそのうち高齢化社会に準拠して65歳以上とか70歳以上とかが「判断力の低下」などを理由にして保険料の値上げに動いていくのだとは思いますが。
いろいろ情勢に応じて変化していくと考えられます。

確かに35歳以上という運転者年齢条件ができてから何年か経ちますが、では35歳の方と75歳の方では運動能力や動体視力、判断力などの要素が全く同じではないと思いますし、事故の発生率においても高年齢のほうが増加しているのが実情です。いつまでも同じくくりで保険料を決定するのはおかしいでしょうね。

また日常使用や業務使用などについても判断を変えていく必要があると考えます。
今は自動車が運行されている時間が長いほど保険料は高くなっていますよね。
でも実際に事故が多いのはタマに乗ってというケースでもあると思います。
私見ですがこの辺も改正要素ではないでしょうか。


運転者年齢条件にまつわる実例ですね(笑)。

Aさんというお宅がありました。
長男は27歳、次男は25歳です。
2台の自家用車を保有しています。
1台は両親専用で運転者年齢条件は35歳以上、もう一台は子供たち専用で運転者年齢条件は21歳以上です。運転する人の中で一番若い人に年齢条件をあわせるのは基本ですよね。

Aさん宅である日こういうことが起こりました。
もう予想している方もいらっしゃるでしょう。
子供たち専用の車が車検の時期で、整備のために修理工場に預けていた時、Aさんの次男が両親専用の車に乗って出かけてしまいました。
保険会社(代理店)には運転者の年齢条件を変更する連絡はしていませんでした。

こういう時に限って交通事故って起きてしまうんですよね。

あと付けで年齢条件を変更しておいてくれと無理強いしたり、2台の車の年齢条件に違いがあることは毎年説明されているのに聞いていなかったとかいろいろでしたがそれらは後の祭りです。
昨今の保険会社はそういうところちゃんと説明しているはずですので。

当然この事故で任意保険は使用できず、Aさん宅は次男の事故における損害を自腹で払うことになりました。

私が保険の担当をしていた時代も、年齢条件についてはかなりしつこくうるさく説明しましたが、「聞いてないよ」と言う方もいらっしゃいました。
なので毎年更改時や顔を見たときにはこういう話は常にしていますけどね。
なかなか難しいところです。

他人の車を借用する時も保険の加入有無を確認しておかないと自分が事故を起こしてもなんら補償されない場合もあります。
自分の保険があれば「他車運転特約」で保険を使うことはできますがこれは非常手段。
確認は怠らないようにすべきですね。


せっかく保険料を支払っているわけですから無駄にならないように気をつけていきましょう。
関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。