交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故 車両保険と価額協定

主に自家用車において、車両保険は重要ですと書いたことがありました。
またあまり知られていないかもしれませんが、車両保険には価額協定というものがあります。

言葉だけだとイメージがわきにくいかもしれませんのでちょっと考えていきたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




交通事故に備えるうえで車両保険に加入していると安心感が違います。

車の時価額というものは日々下がっていきまた償却されていきますよね。
本来であればずっと同じ価額でというわけにはいきません。

保険会社が言う車両価額協定保険特約とは大まかに次の通りです。

「車両価額協定保険特約とは通常車両保険に加入すれば自動で付帯する特約です。保険会社によっては違う場合もありますので車両保険加入時にはこの特約の有無を確認しましょう。

自動車における市場販売価格相当額はその時間の経過・人気・使用の状態などによって下がるのが普通でありその場合の保険金額も同様に下がるのが普通です。しかしこの車両価額協定保険特約を付帯していれば、損害を受けた時の市場販売価格相当額に関係なく契約締結時に保険会社と契約者が協定した市場販売価格相当額を限度として保険金が支払われるのです。

全損した場合においては通常、原則として保険金額の全額が支払われることになります。」


つまり本来なら日々時価額が下がっていくわけですが、保険の加入時や満期更改時に車両保険を付保する際に自家用乗用、軽四輪(貨物含む)、小型貨物車などならほぼ自動付帯、それ以外の車種でも保険会社が認める車種なら価額協定をできることになっています。
契約時に決めた額を満期までの期間なら同じ額で保障されるというのですから契約者にメリットが大きい特約だと思います。


注意しなければならないのは自家用車でもいわゆる「パーツ」がたくさん付いている車の扱いです。

パーツ代金のほうが多く実際の本体の時価額はほとんどない車もあります。
パーツ台を基本に考え車両保険を契約することも可能ですがこのような車両には価額協定保険特約は付保できません。いや実際契約上は付保されていますが使いないんですこの特約。実際に事故のなった時保険会社の査定人が車を見に来ます。本来の時価額はいくらになるかといえば思ったより低く査定されることがほとんどです。このようなパーゅ中心の車の場合は、先に保険会社に車の時価額を算出してもらってから契約したほうがいいかもしれません。それでも価額協定をつけられませんから日々時価額は下がっていくことになります。あくまで契約時の保険金額がマックスでありそこから少しずつ減額されていくと考えましょう。

この車にはプレミアが付いている…
というご意見もよく聞きます。
マニアの間ではかなりの価値があるとされる車でも、保険会社の査定ではそれほど高い価値はないと判断されることもしばしばです。
車両保険に加入するうえでは中古車の市場価格がつかないような車の場合は十分に注意し保険会社と相談の上加入してください。


価額協定特約は大変便利でいいものです。
正しい解釈で利用していきましょう!

関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。