FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故 ゼブラゾーンの場合

交通事故にもいろいろありますが、ゼブラゾーンが絡んだ場合にどう解釈するか?
意外と難しい事例になりましたね。

実際に街中にはゼブラゾーンってたくさんあります。

そこで起こった事故についてどのように解釈すればいいのでしょうか。
考えていきましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




ゼブラゾーンには私が感じるところで大きく二つに分かれます。

一つは「ゼブラゾーンがかなりの距離続いているところ」
もう一つは「ゼブラゾーンがほんのちょっとだけ道路に書いてあるところ」
です。

私が個人的にいろいろな交通事故を見てきて感じるのは、長く継続的にゼブラゾーンが書かれているところは緊急時以外は基本的に通行すべきではない場所という認識。通行して事故になった時は相応の過失を課されるという場所です。
また、ゼブラゾーンがほんのちょっとだけ書かれているところはその多くが交差点の少し手前であって「前方に右折レーンがある」という意味での注意喚起を促すものであるという認識です。

実際にちょっとだけのところは多くの車が走っているしパトカーもゼブラゾーンの上を通過しているのも見かけましたから「違反行為」ではないのでしょうね。
長くゼブラゾーンが書かれている場所で、渋滞しているときとかにゼブラ上を無理やり通っている車をよく見かけますが、その場合は通行区分を限定しているためのゼブラなので本来通行していいとは言えないはずです。でも結構平気でそういう運転をしているドライバーが実際多いと思います。


では実際に事故になった時はどうなのでしょうか?

個々の事故によって判例は違うし過失相殺の基準も違います。
しかしゼブラゾーンの形態は問わずして過失の修正要素はかなりあいまいなのが事実です。

実際に担当した事故の例で言うと、リサーチが入って現場の確認と走行経路を調べたところ過失の修正要素はゼブラ通過側に不利であるということが一般的でした。
しかし、その過失修正は5%~20%とかの範囲とされあとは話し合いで決めていくというもの。。。
正直基準はないというのが実情でしょう。

私が見た事故は、ゼブラゾーンは2車線の中央寄り車線に5メートルほどあって、その車線は100メートル先ほどで右折専用ラインになる現場でした。
そのまま右折したい車両ならそのまま直進していく場合がほとんどでしたが、左横のスタンドからいきなり出てきた車と衝突、かなりの損害となりました。

相手側が出してきた判例のサンプルはゼブラゾーンがかなり長く継続しているものであって、実際の現場にはそぐわないものでした。
最終定期な判断としては損害額に間接費用とをプラスアルファして調整し妥協できる範囲での過失割合で決めることになりましたがすっきりはしないのが正直なところでしたね。

通行区分としていいのか悪いのか、はっきりした基準がないような判例もあります。
普通に走行できる場所にほんのちょっとゼブラがあるというだけで直進側に不利になる、飛び出したほうに有利になる判例なんて聞いたことがありません。
こういう部分の是正を損保協会などにぜひやってもらいたいところですね。

雑感ですがこんな感じです。
関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。