FC2ブログ

交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故の示談

交通事故を起こしたり起こされてしまったりしたときに、必ず出てくる言葉が「示談」です。

示談というのはその事故の加害者、被害者ら当事者間でお互いの損害について話し合い賠償額を決めることを言いますね。
でも正直事故に慣れている人など一般にはそれほど多くはないと思います。

そんなときに役立っているのが各保険会社の自動車保険にある「示談付き」の保険です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




逆に示談付きでない保険なんてあるの?
と聞かれそうですが、ありますよ。
その辺はオイオイお話しするとして、示談についてもう少し言及していきましょう。

そもそも交通事故の示談は前述したとおり当事者間で行われるべきだしそうされてきたはずです。
しかしながら、当事者間ではスムーズに話し合いが行われるとは限りません。だって双方が自分の主張や自己弁護に終始し、意見が全くかみ合わない場合もあるからです。

そんな中でいつからかはハッキリわかりませんが(笑)、今からだいぶ前に示談付きの自動車保険が売られるようになったのです。
昔はそう言う保険がないから当事者間で話し合われた賠償額が主体となりでも合意できなければ裁判になったりしたに違いない(その時代に私は生れていないかもしれないのでわかりませんが・・・)と思うところですね。

示談付きとうたう訳ですから相手方と示談ができるまで交渉を行います。
もちろん決裂することもあるのですべてが示談による解決とはいきませんが、各種の判例や事例をたくさん持っている現場スタッフを多く抱える保険会社が相手方と示談交渉を進めるのは一般素人がよるよりもはるかに効率的であることは言うまでもないでしょう。
過去の判例に即して事故状況と擦り合わせながら賠償額を決めて提示していきますので、その額に不満がある場合は当然裏付ける資料も用意しなければならず、ただ言い値でいくら欲しいと主張してもそんな付け焼刃のものは通用しないということです。

お互いに保険会社が介在して交通事故の示談交渉が行われることが多い現代社会では、処理のスピードが問われます。
しかし「人間同士」が起こした事故ですから、そんな中でもお互いの主張がうまくかみ合わず交渉が長引くケースも散見されます。
そう言う場合は保険会社同士の交渉で解決できないケースもありえます。
最近は弁護士費用を担保する特約も販売されているので、納得がいかない契約者は弁護士を利用して交渉を再開することもありますね。弁護士と相手方、または保険会社、または相手も弁護士を出して来ても和解できない時は訴訟という手段に出ることになります。

各保険会社はできるだけ効率的にまたスピーディに事故処理をしたいのは言うまでもありません。
事故の防止の項でも言いましたが、当事者が事故現場で事故状況をはっきりと認識し報告することがいかに大事か、また解決の速度を上げるための要素であるかがお分かりになるのではないでしょうか。

最近でも自動車保険に未加入のまま車を運転している人もまだまだいるようです。
景気の冷え込みもいろんな経費を削減するために影響していますよね。
でも車を運転して事故を起こしてしまったらもっと大きなお金が動いてしまうわけです。
最低限対人、対物の任意時自動車保険は必ず加入しておきましょう。




(参考)
交通事故ではありませんが、火災保険の賠償責任特約や賠償責任保険などは示談付きではないケースがほとんどです。
マンションで水漏れしてしまったりとかボールが飛んでしまい他人の家の窓ガラスを割ってしまったりとか、このような事故ですと保険会社が示談交渉をしてくれることはあまりありません。(一部してくれるものもあると思います)
交渉の窓口になってはもらえなくとも、各種相談には応じてくれるはずです。
代理店なども含め困った時には「まあいいや」「面倒くさい」と言わないで相談していくことをお勧めします。
関連記事

| 示談 示談書 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。