交通事故が起こったら

もしも交通事故が起こったら… どのように対応するのか、どのように連絡し交渉していくのか。 示談の注意点や保険会社とのやりとりなど。 まずはやるべきことから始めていきましょう。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交通事故の事例 交差点 出会頭

交通事故にはいろいろな形態がありますが最も多いのは交差点におけるものではないでしょうか。

交差点にもたくさんの形態、パターンがあるものですが、ここではお互いに交差点に進入した出会頭の事故について考えてみたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




信号機によって交通整理が行われている交差点において

A…信号青で交差点内進入
B…信号赤で交差点内進入

この場合はA…0%、B…100%の過失割合となります。

よく、追突事故以外0%対100%の事故はないとか言う方もいますが、赤信号無視は100%の過失となります。
また赤信号を無視した人がケガを負って相手車両の自賠責保険に被害者請求したときでもこの被害者の過失が100%と判断されると請求は却下、保険金は支払われなかったというケースが実際にありました。


A…信号黄で交差点内進入
B…信号赤で交差点内進入

この場合はA…20%、B…80%の過失割合となります。

黄色は注意と言いますが赤は交差点侵入不可ですよね。
それでも黄色なら過失を課されます。


A…信号赤で交差点内進入
B…信号赤で交差点内進入

この場合はA…50%、B…50%の過失割合となります。

同じ赤信号は実際の交差点では一瞬の時間です。
たまに「どちらも青」なんて言う事故もありますが、信号機が両方青なんて絶対にありえませんのでどちらかがウソをついていることになります。
そうなってしまうと解決するのは容易ではありません。
出来れば目撃者とかゲットしておく必要ありですね。
実際に事故に遭ったらあわててしまいそんなこと忘れてしまうかもしれません。


交差点内は速やかに進入し速やかに退出しなければなりません。
黄色になったら止まる準備、残り信号だと言って焦って進入し途中で赤になってしまったら元も子もなく事故発生と相成ります。

交差点通過の際は事故につながることのないように信号機の指示に従って運転するよう心がけていきましょう!


関連記事

| 事例 実例 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。